ななつ星in九州の日程とコース

ななつ星in九州の日程とコース

ななつ星in九州」のコースは6ヶ月おきに変更されます。


平成28(2016)年3月〜平成29(2017)年2月までのコースは以下のとおりです。


週に1回ずつ、1泊2日コースと3泊4日コースを運転します。


コースは周遊で博多駅発着となります。


1泊2日コースは、毎週土曜日に博多駅を出発。

3泊4日コースは、毎週火曜日に博多駅を出発。


「ななつ星in九州」は、団体専用列車として扱われ旅行商品(パッケージツアー)で販売されます。


ツアーの発売窓口は、JR九州のクルーズトレイン専用窓口と主要旅行会社、博多駅3階の「ななつ星in九州」専用ラウンジ「金星」です。


「金星」では旅行相談も行われています。


平成25(2013)年10月〜12月の第1期分の予約受付は、定員(28人)の7倍以上の応募があったため抽選となりました。


下記はコースの一例です。


諸事情により変更されることがあります。


1泊2日コース(平成27(2015)年3月変更)

1日目: 博多駅 → 有田駅 → 佐世保駅 →(大村線・長与経由)→ 長崎駅 →(長崎本線市布・鹿児島本線・熊本経由。車内泊)

2日目: (車内泊)→ 阿蘇駅 →(大分経由)→ 由布院駅 → 博多駅

3泊4日コース(平成28(2016)年4月変更)

1日目: 博多駅 →(久大本線経由)→ 由布院駅 →(大分経由日豊本線、車内泊)

2日目: (車内泊)→ 美々津駅 → 宮崎駅 → 隼人駅(隼人駅からバスで旅館へ)

3日目: (旅館泊、隼人駅までバスで移動)隼人駅 →(鹿児島中央経由)→ 川内駅 → 薩摩高城駅 → 水俣駅 → 八代駅 →(肥薩おれんじ鉄道、熊本経由、車内泊)

4日目: (車内泊)→ 阿蘇駅 →(大分・由布院経由)→ 博多駅

熊本地震にともなうルート変更

平成28(2016)年4月14日に発生した熊本地震で同年5月7日よりコースの一部が変更されています。


下記が変更後のあらたなコースです。

1泊2日コース

1日目: 地震前と同じ
2日目: (車内泊)鳥栖駅 →(久大本線経由)→ 由布院駅 →(由布院散策)→ 由布院駅 → 博多駅

3泊4日コース

1日目と2日目: 地震前と同じ
3日目: (旅館泊。隼人駅までバスで移動)隼人駅 → 鹿児島中央駅 →(2つのプランから選択して散策)→ 鹿児島中央駅(車内泊)

4日目: (車内泊)→ 川内駅 → 牛ノ浜駅 → 水俣駅 → 八代駅(川内〜八代間は肥薩おれんじ鉄道線) → 有佐駅 → 大牟田駅 →(バスで柳川観光)→ 羽犬塚駅 → 博多駅

平成28(2016)年8月2日〜同年9月27日出発分の3泊4日コース

4日目: (車内泊)→ 川内駅 → 牛ノ浜駅 → 水俣駅 → 八代駅(川内〜八代間は肥薩おれんじ鉄道線) → 有佐駅 →(バス移動・天草観光シークルーズ乗船(三角港-松島))→ 三角駅(特急「A列車で行こう」乗車)→ 宇土駅 → 博多駅

わたしはななつ星in九州の2つのプランに実際に乗車してみましたが、それぞれ九州各地の素敵な風景や食事、文化を楽しめる内容の濃いプランでした。

短めの1泊2日のプランでは、博多から長崎、阿蘇から由布院を経由して博多へと戻る、九州北部を中心としたもので、3泊4日のプランでは、それらに宮崎や鹿児島といった南九州の魅力が付け加えられています。


ななつ星in九州は、九州の豊かな文化の詰まった宝物のような列車でした。