JR九州のクルーズトレインななつ星in九州で九州旅行

ななつ星in九州とは?

ななつ星in九州」とは、JR九州が平成25(2013)年10月15日に運転をはじめたクルーズトレイン(周遊型団体専用列車)です。


JR東日本の「トランスイート四季島」やJR西日本の「トワイライトエクスプレス瑞風」の先駆けとなりました。


九州各地を巡り、自然・食・温泉・歴史などを楽しむことを目的としています。


予約受け付けは、平成24(2012)年10月よりはじまり、平成25(2013)年10月〜12月の平均倍率は7.27倍でした。


1人あたりの価格は1泊2日で15万円〜40万円(車中泊)、3泊4日で38万円〜95万円(車中2泊・旅館1泊)となっています。


「ななつ星in九州」は、かねてよりJR九州のデザイン顧問である水戸岡鋭治氏がプランを考えていたもので、JR九州から平成23(2011)年1月に公表されました。


「クルーズトレイン」などと仮称されていましたが、同年5月28日にJR九州から列車名や細部が公表されました。


「ななつ星in九州」の列車名は、九州の7県(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県)と、九州の7つの観光素材(自然・食・温泉・歴史文化・パワースポット・人情・列車)、7両編成の客車をあらわしています。


客車は、木や布製品をふんだんにあしらった洋・新旧融合の洗練された最上級の空間です。


ラウンジカーにはバーカウンター兼用総合受付ロビー、ピアノ、2人ボックス席6組、ソファー付き展望室がありピアノの生演奏をききながらくつろげます。


JR九州では、「ななつ星in九州」を「大人の空間」としています。


したがって、ツアー参加者は中学生以上とされています。


20歳未満の場合、保護者の同意が必要です。


車内は全面禁煙です。


「ななつ星in九州」では、車窓の景色やお客同士の会話を楽しんでいただくという観点から寝台個室にテレビは設置していません。


「ななつ星in九州」に申込み時には、参加者全員の名前を登録しなければなりません。

切符を買った後に、参加者1人を変更するには、名義変更手数料1万円を支払わなければなりません。


転売目的での購入を防ぐため、2人とも変更することは不可です。

「ななつ星in九州」での服装

「ななつ星in九州」にはドレスコードがあります。


車内の共用部での服装は「スマートカジュアル」とされ、ジーンズやサンダルは禁止されています。


1日目の金星集合時はスマートカジュアルとし、車内での夕食時はセミフォーマルとなっています。


服装については「ななつ星in九州」の「よくあるお問い合わせ」を見てください。